会社概要小松プロセスとはお問い合わせ

再帰反射 ターゲット形成インク

ターゲット形成インク
ターゲット形成インク

ターゲット形成インクとは

弊社が開発した「ターゲットインク」はアートブライトカラーインク、ブライトコートなどのインクや塗料の技術を用いて、更に高輝度な再帰反射性能を持ち微小なズレや振動の検知に特化した再帰反射インクです。
液状品ですのでどんな局面や球体にも塗装することが出来、モーションキャプチャなどでの激しい動きをとらえるターゲットにも有効に利用できます。また、比重の異なる成分を均一に保ち、極めて乱反射を抑え精度を高めた再帰反射インクです。

ターゲット形成インクの使用例

反射ターゲットインクは構造物診断用非接触診断システムなどで利用されております。
1)遠隔制御式反射ターゲット形成システム((公財)鉄道総合研究所)

反射ターゲット形成装置 ラジコンヘリコプタ スプレーガン ワイヤレスカメラ&接近警報装置

遠隔制御式反射ターゲット形成装置

2)反射ターゲットインクを用いたリアルタイム切刃安全監視システム(鹿島建設㈱、(公財)鉄道総合研究所)
ローラーによる切刃へのターゲットインクの塗付状況 切刃変位計測

反射塗料塗布箇所
レーザー距離計 50m パトライト

販売スタイルについて

お客様の材料や用途に合わせてインクや塗料の提供、受託加工による塗装の提案等をさせて頂いておりますので詳細につきましてはお問い合わせください。