DEVELOPMENT 技術開発

会社概要小松プロセスとはお問い合わせ

主な特許一覧

小松プロセスは、再帰性反射に関する製造方法及び物品の特許などを14件取得しております。

スライドすると全体を表示します。

1 4132388 再帰反射性印刷用インキ組成物
およびこれを用いた再帰反射性物品
2 3526810 反射性材料およびその製造方法
3 4589774 再帰反射性物品とその製造方法
ならびに転写シート
4 5393025 消防用ホース
5 5243016 消防・防災・安全用標識プレート
及び消防・防災・安全用標識
プレート作成キット
6 5492838 コンクリート構造物と
その製造方法
7 5566154 塗装方法およびこれに用いる
再帰反射性塗料
8 5736117 防護柵及びその構成部材
9 5872240 再帰反射性塗装物及び
その製造方法
10 5580370 再帰反射性固形マーキング材の
製造方法、再帰反射性固形
マーキング材及び筆記物品
11 6347025 熱電変換材料、回路作製方法、
及び、熱電変換モジュール

上記を含む㈱小松プロセスの公開特許は39件、実用新案は2件あります。
詳しくは特許庁の特許公開公報を参照してください。
特許庁ホームページ

製造設備

微粒子分散ミル 3機

ナノ粒子分散ミル 2機

水系、油系の兼用タイプミル1基があります。このタイプは最新鋭機であり、最小粒径40~50ナノメートルが得られる超微粒子分散加工機。金属や金属酸化物、セラミックや鉱物等の水系分散には不可欠です。ナノテクノロジーの一端を担う素材の提供にはなくてはならない機械です。染料・顔料などの色素や機能性薬剤等、有機物の微粒子化や蓄光材料・セラミックス等の無機物の微粒子化が可能です。

パウダーミキサー 3基

さまざまな粒径を持つ粒体を均一に混合したり、配合割合が極端に離れているものは均一混合が難しいものです。当社の粒径を揃える独自の技術がこれを可能にしました。

リキッドミキサー 2基

粘性のある液体から水のようなものまで均一混合・攪拌はミキサーの羽根形状や角度、回転速度、液温によるところが多いです。 原料の事前チェックと永年の経験から割り出したデーターにより、常に最良のミックス条件で製造しております。

高粘度専用ミキサー 1基

・液体と粉体の混合攪拌
・高粘度品同士の混合攪拌にはタンクの形状と羽根の形状、角度と回転速度の組み合わせがポイントです。特に液体と粉体の混合攪拌には表面濡れ性と泡対策を考えた最良のミックス条件で製造しております。

乾式粉砕機 2基

1~10ミクロンの粉体が得られる粉砕機です。樹脂練り込み用. 溶解促進. 顆粒状物の粉砕などに使用します。

その他設備

・粉体塗装ロボット 1ライン ・静電塗装ロボット 1ライン ・ロボット間自動搬送システム ・高温焼付炉 1基
・半自動スクリーン印刷機 1台 ・インクジェットプリンタ 1台 ・ラミネーター 1台 ・カッティングプロッター ロールタイプ1台
・カッティングプロッター フラットベッドタイプ1台 ・卓上自動平プレス機 1台

分析・測定機器

・粒度分布測定器 ・紫外可視分光光度計 ・再帰反射性能測定器 ・蓄光残光輝度測定器 ・色彩色差測定器
・形状測定レーザーマイクロスコープ ・ラボ染色装置 ・自動調液装置 ・UV照射装置 ・高温恒温機 ・隔測温度計 ・焼成炉
・マイクロジェットプリンター ・自動コーティング試験機 ・赤外線水分率測定器 ・ゼーター電位測定機

これ等の設備により年間600トンの化成品を製造しております。
自社製品の製造販売のほか、客先からの受託製造も行っております。