ABOUT 小松プロセスとは

会社概要小松プロセスとはお問い合わせ

反射事業部について

反射事業部では、特殊なガラスビーズやマイカなどの光輝材料、各種樹脂を独自処方により配合し調整し、NINJAINKなどのインク・ブライトコートなどの塗料など液状品である再帰性反射材の開発・製造を行っております。
また、それらの技術を用いた特殊加工システムによる再帰性反射塗装や再帰性反射被膜加工を行っております。
その他、再帰性反射製品及び蓄光製品、蛍光製品等の機能性製品の製造を行っております。

事業内容

①再帰性反射及び蓄光、蛍光製品の製造
インク・塗料・スプレー・ロープ・チョーク・シート等の主に再帰性反射の製品を中心に製造しております。
②再帰性反射塗装及び再帰性反射被膜加工
主に受託加工で再帰性反射塗装及び再帰性反射被膜加工を承っております。
③再帰性反射シート・蓄光シートの印刷加工
反射シート及び蓄光シートへの印刷及びカッティング加工をしております。
④抗菌消臭剤の製造
業務用抗菌消臭剤の製造を行っております。
⑤研究開発
共同開発を中心として、研究開発グループにて顧客要求に合わせた再帰性反射製品・加工を検討し、提案させて頂いております。

染料事業部について

染料部門は主に配合という手法と分散化という手法を使い、付加価値の高い製品を製造販売しております。
特にブラックは単品の染料はありませんので、赤黄青の3原色を配合して製造しております。そのため、ブラックの染料は当社の主力製品で、品目も多くなっています。
また、分散化は原料のプレスケーキを分散剤と混ぜてから、湿式分散をすることでリキッド染料(分散染料)ができます。このリキッド染料を配合することで安価なブラックを製造することができます。

事業内容

①染料の配合
・リキッド染料配合(分散染料)
ペラミキサーで配合しております。
・パウダー染料配合(分散染料、酸性染料)
ナウターミキサー、サイコロミキサーで配合しております。また、粒径が違うとミックス不良が発生しますので、粒径を合わせるために大きいものは乾式粉砕しています。

②キレート剤の配合
工業用途で使われる水の中のミネラル分を封鎖し、水中の金属イオンによる障害をなくす効果のあるキレート剤を配合・製造しております。

③プレスケーキの分散化(リキッド染料製造)
分散染料の原料であるプレスケーキを分散剤と配合し、ビーズミルによる分散を行いリキッドの分散染料を製造しております。

④調色(ビーカー業務)
客先より色見本と生地とCCM(コンピューターカラーマッチング)処方を受け入れ、自動調液機(アウキッチン)で液を計量し、試染機(ハイダイ染色機又はテクサム染色機)で染色しております。染色布を元見本に合うまで繰り返し調色しております。

⑤研究開発
微粒子分散技術などを用いて新規高付加価値染料やインクジェットインク、セラミックスの分散などの研究開発を行っております。